FC2ブログ
【ナレーションに関する一考察】
今回、不思議だったのが、主人公たちのモノローグ(心の声)が
わりと饒舌(じょうぜつ)だったのにも関わらず、
それがほとんど気にならなかった…と言うこと。

そうか…。
登場人物が、やむにやまれず
気持ちを吐露してお喋りになっても
全然良いのか…。

饒舌だからいけない…のではなく、
物語(ドラマ)の中で、登場人物を隙間なく作り込んでしまうと、
キャラクターがドラマの中だけで自己解決(完結)
~したように(人によっては)見えるのかもしれません。


★語らなさすぎ、語りすぎ~どちらも一長一短で~。
物語の状況を、
①ナレーションで語る。
②映像で語る。
それらがバランスよく交じり合うと、
物語にもメリハリがついて、
比較的に見やすい(感情移入しやすい)ような気がします。

視聴者の入り込む余白(余地)がほとんど無い、
一方的に与えられるだけの状態(情報多すぎ&少なすぎ)の、
物語のバランスがどちらか一方に崩れた時に、
2人のドラマからポツン…と一人、カヤの外へ置いていかれたようで
視聴者はツライ…のだなと。(たぶんデス…)

もう少し判りやすく例えると、
完璧な人間(作り込んだ物語)は、
入り込む隙(余白)を見せてくれないので、
誰も必要としない。=感情移入しづらい。

弱点&はみ出し(隙・余白)を見せてくれる人間(物語)は、
人(物語)として未知数(ミステリアス)で興味深く、
逆にその弱さ(隙)が、
他人には魅力的にうつったりします。

(※物語の背景&キャラ設定などは、
できるだけ練って作り込んだ方が、それらをふまえた上で、
キャラクターが自然に(勝手に)行動してくれるので、
その分お話の説得力も増し、物語中に多くを語らずとも、
自然とドラマにも奥行きが出るのではないかな~とも想像します。)

★新作を拝見するたび、内容がどんどん進化していって、
饒舌だという、その印象が薄れているので、
監督の采配で全然大丈夫なんだと思います。

個人的には、あとほんの少しだけ、視聴者の、
【ドラマ背景を想像する力】を、
信じても良いのではないかな~…と感じました。
ほんの気持ちですが、余白が欲しいな~…と思いました。


【素朴に感じたこと】
そして鑑賞したあと、じわじわと、素朴に感じたこと~
★目の前に差し出された、様々な問い(キーワード)に
視聴者は~
【静】の井坂朋泰監督作品では…能動的にテーマを探しに行く【動】
【動】の白虎監督作品では…受動的にテーマに巻き込まれていく【静】
(※具体例を出して申し訳ありません~その方が判りやすいかな~…と)

どちらが優劣…という話ではなく、
物語に合わせて、作品と視聴者もキャッチボールしているんだな…と、
ふと思いました。

作品と視聴者の感性が繋がる…。
好きになるであろう作品に呼ばれる~って私だけでしょうか?

※主に、本屋で経験したりします…。
ジャケット(表紙)が私を呼んでいる~。
最初の一文でなんか惹きこまれるぅ~…etc.
よっしゃ買った!
~みたいな♪(・∀・)d

⑩へとつづく。
【個人的な感想】
同性を好きになったことがある人だったら、
一度は誰もが経験しているような、
切ない初恋の出来事(エピソード)。

私自身、十代の頃、まったく同じような経験をしたことがあるので~
(仲良しだったのに、逢いたくても拒否されて、逢えない状況とか…)
(全てに心を閉ざした彼女に、必死で手紙や電話をしたこととか…)
(拒否されても、頑張って東京まで逢いに行ったこととか~…etc.)
(ブログに書きかけて、話が途中までになっていますが~(;^_^A)
(注:決して襲ってはいませ~ん…!←超・ヘタレさん。)

何かが乗り移ったかのような
ひたむきなお二人の演(艶)技と
魅せるストーリー展開に、
圧倒的な情熱でぐいぐいひっぱられました。

説明台詞が多い…?
もうそんなことどうだっていい!
ただこの少女たちの、切ない恋の行く末を
一緒に泣いたり、笑ったり、悩んだりして
同じように感じていたい!

知らず知らずのうち、感情移入してしまい
気づくと目から汁が…
ちょっと胸が痛かったです。

そして、まるで実在するかのような
白咲碧さん、小鳥遊はるさん、
お二人の素直でまっすぐな好演に、

2人のこれからの幸せを願わずにはいられなかった、
井坂朋泰監督のレズAVドラマものの名作、
『片想いレズビアン ~離れていても、二人はいつも同じ空の下で…~ あずさとあかり』
 星野あかり 桐原あずさ (マドンナ) 2010/03/25発売

今回の白虎監督作品を観たあと、それと全く同じ気持ちになりました。
※以下、2010年にマイブログ記事に書いた、
『片想いレズビアン』の感想の一部抜粋です。

"かつて今までに、これほど真正面から女性同士の恋愛を
普通に撮って下さった方がいらっしゃったでしょうか…??
なんか思い返しても、変に凝った設定だったり、素直じゃなかったり、
めっちゃ脇役の色もの扱いだったり~。
せっかく良い所まで行っていても、ストーリー&キャラクター設定のツッコミが弱くて、
キャラクターの行動に一本筋が通っていない、惜しい感じだったり。
(古今東西のレズビアンを扱った映像作品…全て観た訳では無いので
たぶん個人的に見逃している良作もあると思われます…。)"

《片想いレズビアン ~離れていても、二人はいつも同じ空の下で…
 ~あずさとあかり 軽い感想 2010-03-21マイブログ記事より一部抜粋》

等身大の女の子たちの、
特別ではない、ごく一般的な、王道の恋愛~
だけど、2人にとっては特別なラブストーリー。
こんな話が観たかった…!

はるさんがはるさんで
碧さんが碧さんで良かったなあ~…。
二人がこの先ずっと仲良しだったらいいな…。
~なんて思っちゃいましたっ♪

もう本当に文句のつけようもないくらい
めっちゃ良かったです…。

白虎監督、良かったです…。(しみじみ。)
(↑リフレイン。)


※次からは、蛇足ですが(!)改めて気づいたことなど、
いくつかの項目に分けて書き出してみました♪(・∀・)d

~って、まだあるんか~~ぃ!!Σ(-∀-ノ)ノ ハゥッ
(すみませんデス~(^o^;ゞ)

⑨へとつづく。
★Chapter.5
【演技なしの素で向かい合うドキュメントレズ】
素顔のお二人の最後の絡みです♪
おっとり&無邪気で笑顔がキュートな白咲碧さん。
お洒落で明るくて、ちょっとおちゃめな小鳥遊はるさん。

スイッチが入ったらエロエロモードで
遠慮なしにぐいぐいいっちゃう碧さんに
気持ち良くなっちゃうと、余裕が無くなって
せつない顔になっちゃうはるさん。
恥ずかしがるはるさんが可愛い~。

はるさんの方が実はシャイだったのネ…゚+。(*゚Д゚*)。+゚

ドラマとは打って変わって
子猫ちゃんみたいなキュートな2人。
はぁ~可愛い絡みやった…♪(ハァト)


~以上、ざっと作品の雰囲気をお伝えしてみました♪(・∀・)d
(※あくまでも私個人のフィルターを通してなので、
印象が違ってたらごめんなさいデス…)


★最初は、自分の悩みの中だけに閉じこもっていた、碧。
そして親友の気持ちにまったく気づかずにいた、はる。
どちらかの犠牲の上に成り立っていた
危うい微妙なバランス(均衡)が崩れたとき、

2人はお互いの気持ちから逃げずに、
誠実に相手と向き合い、
自分本位に、物事を考えるのではなく、
相手の気持ちも大切にしよう…。
そんな風に、いつしか気持ちが変化してゆくところ~
物語の中で、登場人物がちゃんと息づき、成長していました。

ぶっちゃけ、恋人(~に近い人)と喧嘩してしまって
相手の気持ちが収まったあと、
最後の肝心なやりとりを省いちゃって、
喧嘩の原因をうやむやにする~
その場の勢い(SEXなど)でごまかすこともできたはずなのに、
(↑現実でもよくある話ですが…)
AVでも手を抜かずに、最後まできちんと丁寧に
ドラマで描写するところが
作品に対する、キャラクター愛…
監督御自身の、誠実で真面目なお人柄が感じられました。

★前作ではもう少しふわっとした雰囲気で
日常の出来事の一コマに、少し波風がたった
【静】の展開だったのが
(わりと女優さんのキャラクターに助けられている気がしました…)

★二作目はもう一歩踏み込んで、少し波乱万丈な展開で、
主人公がお互いのために悩み、もがき苦しみ、
必死になって行動する姿~
アクティブさ…【動】の展開が加わり、
物語にメリハリと奥行き~深みが出てきていました。

白虎監督、どんどん研ぎ澄まされて
洗練されていっているような気がします。

⑧へとつづく。
★Chapter.4
【お互いの気持ちをぶつけ合い 確認し合う碧とはる】

2人の関係を考える時間が欲しい。
はるの言葉を反芻(はんすう)する碧。

あの時、
はるが全部受け止めてくれたから
素直に待つといえた。
私のために身体をはってくれたはる。
はるのためにどうしたらいい?

碧は心に決める。

一方で思いあぐねるはる。
碧が好きなのは変わらない。
一緒にいて楽しいのは碧。
だけど碧は女の子で~

突然呼び出し音が鳴る。
碧!?
画面の名前ははるの彼氏。
相変らずはるの都合を考えない様子に
うんざりして会話を切ってしまうはる。

恋人同士って何?
彼は私のこと考えてくれてる?
碧は…私…碧のこと…。

再び呼び出し音。
碧…!
はるに伝えたいことがあるの。
私も碧に逢いたい。

穏やかに会話する2人。
お互いの待ち受け画面には
碧とはる、2人のツーショット写メ。

再び碧の部屋。

友達でもいい。
恋人じゃなくてもいい。
けどはるを好きな気持ちは変わらない。
はるを大事にしたい。

私も碧が大切
離れたくない。
いつか同じように愛せたらいい。
碧の気持ちに応えたい。

わだかまりがなくなり
自然とこぼれる笑顔の2人。
そして触れあう唇。
小鳥がついばむようなキスから
深いフレンチキスへ…

気持ちが高まり
何もかも脱ぎ捨てて~

深く深くお互いの中へ入り込み
熱いバターのように
このまま溶けあってしまいたい

愛おしく切なげに
お互いの名前をひたすら
呼び合い、求めあう幼い2人

紆余曲折のドラマの積み重ねが
あったからこそ
この絡みが生きていました。
愛があって、とってもエロくて濃い絡みが素敵でした。

そして、ラブラブ・ハッピーエンドです♪(・ω・)b Good!!

゚+。゚☆キタ──*・゚・――(≧▽≦)ノ――♪・゚・*──!!☆゚。+゚

⑦へとつづく。
★Chapter.3 続き。

必死で走るはる。
やっとたどり着いた碧のマンション。
扉の前、意を決して呼び鈴を押す。

誰も出ない。
諦めずドアベルを鳴らし続けるはる。
それでも碧は出ない。

碧どうして出てくれないの…碧…!
ドアを叩き懇願するはる。

ドア越しの碧。
ためらい、唇を噛み
どうしても開けられない。

しばらくはるの懇願が続く
開かないドア。
私のせいだよね…ごめん
諦め、立ち去るはる。

はるの声が聞こえなくなった。
瞬間、背後のドアが開く。
ふと気配を感じ振り向くはる

碧…!
駆け寄り、碧を抱きしめるはる。
ひたすら謝罪を口にするはるに
言葉もなく棒立ちになる碧。
やがてはるの背におずおずと手をまわす。


碧の部屋。
しばらく気まずい空気が流れる。
勢いで来たものの、言い出せないはる。
口を開いたのは碧。

謝罪し、自分を責める碧に~
あの日の事は気にしていない
もう忘れて、また元の親友に戻ろう

私の事拒否したじゃん
本当は気持ち悪いと思ってるんでしょ
思ってない!
碧のこと好きだよ
この気持ちは変わらない。
どうしたらいいのか~もうわからない

ついに本音でぶつかり合う2人。

こじれてしまった関係は~
いくら話あってもどうどうめぐりで
言葉では説明できないこの気持ち。
碧にどう伝えればいい?

碧はうつむき沈黙したまま。
心を決めたはる。
強引に碧の唇を奪う。
驚き、一瞬固まる碧。

碧、いかないで
黙って、いなくならないで…
お願い…!

無我夢中で碧を愛撫するはる
大好きな人の捨て身の必死さに
あがらえるわけもなく…
ひたむきなはるの想い
快楽の海に流され~
何度もいかされてしまう碧。

親鳥のようなはるの腕の中、
キスの雨を受ける碧。
息が上がり、とまどいながら~
はるの胸に優しく抱かれる碧。

碧…私にも気持ち良くして

堰(せき)を切ったようにはるを愛する碧。
行き場を見つけた、碧の想い。
碧のすべてを全身で受け入れるはる。



※友情と恋愛の間で~揺れる気持ち~
碧さん、はるさん2人の切ない感情が
この絡みを通して、
ひしひしと伝わってきました。

AVの絡みだけ…とも違う
熱のこもったお二人の絡みに
グッときました。

そしてすべてが終わったあと、
穏やかな気持ちで~
おでこを合わせてこっつんこ。
ウィスパーボイスで~囁くように、
お互いの気持ちを伝えあう場面(シーン)

…この場面好きです。

とりあえず、仲直りできて良かった~…(´;ω;`)

⑥へとつづく。