FC2ブログ
それから、よく相談に乗ってもらっている友達に電話をかけました。
「それは親が過保護だね」
やっぱりそうなのか…。
「子供も脆いんだね。本人がしっかりしてれば、普通そうはならないよ。
 …でも何とかしなきゃね」
このクールな友達は、彼女と直接の知り合いでは無いのに、
けっこう親身に相談に乗ってくれました。
他の人には誰も頼れません。
~と言うより、誰も私と同じ立場にいないので、友人たちも
傍観者にならざるを得なかったのだと思います。
この世話焼きな友達がいなければ、私はこれ以上どうすればいいのか判らず、
気が狂いそうになっていたかもしれません。
(少々大げさな表現ですが…その時は、他が見えずに必死でした)

そんな経緯から、三ヶ月後の八月。
私は急遽、友人の代理でディズニーランドのツアーへ行く事になりました。
宿泊していた千葉のホテルから彼女に電話をかけてみます。
千葉からかけている…と知ると驚いた様子でした。
「行ったらあかん?」
「ダメ、来ないで!」
…う~話にならない。
仕方無く「判った」…と一応は納得した振りをして、電話を切りました。
断られても行くつもりでした。

(24)へとつづく。

Secret

TrackBackURL
→http://keikei16.blog14.fc2.com/tb.php/290-2e9bc7b8