FC2ブログ
最後の日には、横浜の中華街や港の見える丘公園へ行きました。
噂には聞いていましたが、港にはカップルがいっぱい!!
通りがかりに見つけたモダンな建物。
「入ってみる?」
「うん」
横浜ゆかりの作家・大佛次郎(おさらぎじろう)記念館へ行ってみました。
大佛コレクションの中に、アンティークな食器や家具、
浮世絵などが沢山ありました。
お互いの好きな絵画とか音楽の趣味が似ていたので、
高校時代、よく二人でそんな話をしていました。
「あれ、好きそう!」
私は浮世絵の一つを指して言いました。
彼女は一瞥(べつ)すると、
「…あれね…。昔は好きだったけど、今はもうどうでもいい…」
「…」
完全に無気力、無関心。

夕暮れになりました。
私は、彼女の家へは戻らずに、このまま大阪へ帰るつもりです。
帰りたくない。もっと一緒にいたい。
何でこんなに離れてるんやろ…。
気軽に行くには、千葉は遠すぎます。

彼女は、東京駅まで見送りについて来てくれました。
新幹線の乗降口で、発車ギリギリまで一緒にいました。
「お願いやから、もうちょっと人間らしい生活してな」
「・・うん」
「また電話する。手紙も書くから」
「・・うん」
彼女は名残惜しそうな様子でした。
せっかく懐いてきたのに(彼女は子犬かっ)
私が帰ってしまったら、また元の木阿弥(もくあみ)になってしまうのでは…。
一瞬、不安がよぎりましたが、帰らない訳にもいかないので、
後ろ髪をひかれつつ、私は車上の人となりました。

(21)へとつづく。

Secret

TrackBackURL
→http://keikei16.blog14.fc2.com/tb.php/286-b87ad10b