FC2ブログ
お互いの手のひら…カプセルを見つめるゆいとりな。
「待ってくれ!」
遠くから近付いてくる、能登と白川の姿が見える。
「松野ゆい君、いや毒島ゆい君!」
「…!」
ビクッとするゆい。
冷静なりな。
「君たちはここの地方の生まれだね?」
「…」
「昔ここで一人の少年が死んだ。
その少年は何故、死ななければいけなかったんだろうか?
大学のサークルの男子学生は?ゆい君の店の客だった関口亨は?
全て君たちの周りで起きている。偶然すぎやしないか!?」
「…」
能登と白川をじっと凝視するゆい。

「ねえ、ゆいちゃん…刑事さん全部判ってるみたい」
「…」
りなの言葉に、張りつめていたゆいの表情が崩れる。
「私の為にあんな事…」
「君の為じゃない。彼女が自分で犯した罪だ」
「だったらどうなの?悪いのはアイツらじゃない。
やられっぱなしでいろって言うの!?」
「りな…」
「私はゆいちゃんとは違うの。泣き寝入りなんて絶対にしない」
「だが、人を殺した罪は罪なんだ」
「法で裁けない罪は誰が裁くの?」
「それは…」
答えられない能登。
「私の事は私で…」
あっと言う間もなく、カプセルを飲み込むりな。
「りな…!!」
崩れ落ちるりな。
りなに駆け寄るゆい。

りなはゆいに抱き起こされる。
「ゆいちゃん……何だったんだろうね、この十年・・・。
けど、ゆいちゃんと一緒にいる時が一番楽しかったなぁ…」
「…りな…」
「ゆいちゃん…22だね」
「え?」
「誕生日、おめでとう・・」
ニッコリ微笑むりな。
「こんな時に…馬鹿じゃないの!?」
泣き笑いのゆい。
「…」
ふと、気がつくと事切れているりな。

「…りな?りな…!!一人じゃどこへも行けないよ…」
りなを抱き締め、泣き崩れるゆい。
「…」
どうすればりなとゆいの心の闇を救う事が出来たのか。
慙愧(ざんき)の念で立ち尽くす能登。

薄紫のトリカブトの花に二羽の蝶が舞い、戯れる・・・。


END.

Secret

TrackBackURL
→http://keikei16.blog14.fc2.com/tb.php/210-c1907dfb