FC2ブログ
【お二人様。】
「2人めの人は?」
「17歳の時」
「何年くらいつきあったん?」
「18歳くらいだから~1年半くらいかな?」
「どこで知りあったん?」
「ゲーム系の出会いサイト♪」
「またか~っっぃ!!」
「(笑)」

「9歳年上の女性(ひと)でした」
「へぇ~」
「その人、色白で細身の金髪でショートカットのイケメンで…」
「ほぉ…」
「すごくタイプだった!」
「~また金髪ってトコがスゴイな~!(笑)水原さんのタイプだったのね…」
「(笑)はい」
「ほんでつきあうきっかけは?」
「その人は元々女の子が好きな人で~」
「あ、そうなんや!」
「よく一緒に遊んでたんですけど…」
「うんうん♪」
「ある時、私から『今日は帰りたくない』って…」
「デターーー!!必殺『今日は帰りたくない』!!!」
「(笑)」

水原さん、清楚な見た目に反して、結構、積極的女子です…(o-∀-o)d


「ほ、ほんで?」
「それで、2人ともやり方がよく判らなくて(笑)」
「せ、せやな~(;^o^A」
「そういう本を買って2人で勉強しました♪」

;:゙;`;:゙;`ヽ(゚∀゚ゞ)ブッ


「そ、そういう本ってどんな本や~!?」
「何か女の人の○○○とか、たくさん載ってて~」
「それって医学的な本?芸術関係でもそういう本あるけど~」
「女の人にはこうすれば良いって具体的に書いてあったから
 たぶんエッチな本だったと思う…」
「な、なるほど~(妙に感心)」


「その人とは学校から帰って、毎週ホテルに行ってた気がする」
「ちょ~まさか制服で…!?」
「違います(笑)私服で」
「バレんかった?」
「たぶん学生かどうとかより、女の子同士が珍しかったから、
 そっちに気をとられてたんじゃないかな…」
「にゃ、にゃるほど~」

「家からローター持ってきたり…」
「何で家にローターがあるんや~!」
「(笑)」

「本の真似しながら、たくさん色んなことしました♪(ハァト)」
「水原さん、楽しそうやなぁ~(しみじみ)」
「(笑)」


「ほんで何で別れたん…?」
「一緒には住めないって話をされたから…かな」
「?」
「私は(卒業したら)一緒に住みたかったけど、
(2人をめぐる色々な)状況が無理でしょう~って
 その人に言われて~」
「…」
「その人の事、本当に好きだったから、
 ずっと一緒にいたかったけど~
 私のこと、好きじゃないのかな…って思ってしまって~」
「…」
「それで別れました!」
「そっか…」

~好きだけじゃ一緒にいられない。
男女関係に限らず、なかなか現実は厳しいです…。
(他人事みたいにゆってスミマセン!)
(私めも、めっちゃ身に覚えがあったりして!)


④へつづく。
Secret

TrackBackURL
→http://keikei16.blog14.fc2.com/tb.php/1780-ad8b7390