FC2ブログ
★Chapter.2
【レズ痴漢1日目】
~揺れ動く紗世の気持ち~

《紗世のある日の日記より。一部抜粋》

★7月×日
転校一日目。
今日から一時間早いバスに乗るんだ
新しい家、新しい家族は
気づまりだから…

昨日のおとぎ話の続き~
魔術師・お姫様・赤い牡牛
ユニコーン…etc.
彼らはこの先どうなるんだろう

本は現実を忘れさせてくれる


★7月×日
視線を感じる
誰?

綺麗な女性(ひと)だ…
幻想的な~
ちょうど今読んでいる本の
お姫様~アマ○シア姫みたい
あんな素敵な人になれたらな…


★7月×日
誰かが背中越しに触れた

近くには彼女~
アマルシ○姫の気配…

また背中が触れた
彼女の距離が近い…近すぎる

ラッシュにはまだ早い時間…だよね
何度離れても近づいてくる
振り向いて、確認しようとしたら
彼女は離れる…

痴漢…?
違う
まさか女の人が?
ううん
気のせいだよね~
きっと…。


★7月×日
今日も視線を感じる
どうして彼女と何度も目が合うんだろう

物語はあと少しで
クライマックス…
ああ、もうすぐ降りなきゃ…


★8月×日
やっぱり気のせいじゃなかった
あきらかな意志をもって
それはわたしに近づいてくる

じわじわと
わたしの深いところまで
這い回る細い指先…

アマ○シア姫、貴女なの?
どうして?

声がでない
誰も気づいてくれない

妖しく獰猛な長い舌
貴女が触れるたび
戸惑い、疼(うず)き
しだいに熱を帯びて
わたしの内側から…
得体の知れないなにかが~生まれる

あと少し…
あと少しだけ
あの空想(ファンタジー)の世界に留まりたいのに~

抵抗しても…
拒否しても~
圧倒的な魔の力で
わたしを現実へと引き戻す

貴女はいったい誰?
わたし、一体どうなるの…?


④へつづく。
Secret

TrackBackURL
→http://keikei16.blog14.fc2.com/tb.php/1621-6a255156