FC2ブログ
またある日の体育の時間。
その日は体操の授業でした。
生徒たちは皆、柔軟体操に悪戦苦闘しています。
体操部以外の生徒は、どちらかと言えば体の堅い人がほとんどでした。
私は中でも超・体が堅くて~…次の日絶対筋肉痛やし~。
めっちゃ死ぬ思いをしておりました…。
フッと彼女…ナカタニ・ミキの方へ目をやると…
両足を裂けそうなくらい前後左右にひろげたり~
ヨガのポーズを取るように片足を頭の後ろに乗せています…!!
ヒイィィィ!!!!(゚ロ゚ノ)ノ
何でもない顔をして柔軟をするその姿に、クラスメートは驚きの声をあげました。
なんちゅう軟体動物なんや~…!!…これからはタコ女と呼ばせてもらおう・・・
心密かにそう思っちゃった私です。
あとで本人に聞いてみたトコロ、中学の時には器械体操を、転校する直前までは
バレエ(←踊る方です)をやっていたそうです。
にゃるほど。
どおりでタコ女のハズやわ…。

彼女はスポーツ万能(なぜか球技以外)で、とても頭が良く、
ほどほどの器量良しで、バレエ、茶道、その他何でもござれの、
三拍子も四拍子も揃っていた女子だったのです。
そんな魅力的な女子が身近にいたら、男子が放っておくはずがありません。
転校生…という肩書きも手伝って、彼女を一目見ようと、休み時間になると、
他の教室から学年問わず、よく男子が見学に来ていました。

人通りの少ない踊り場で、イケメン君に呼び出された彼女を見かけた事がありました。
あ…××君と話してる…。
たまたま前を通りがかってしまい、スルーしようかと思っていたら、
二人と目が合ってしまい~。
「…!」
私に気づいたナカタニちゃんがこちらへやって来ます。
「…あ」
取り残されたイケメン君。
彼女と歩きながら~
「えっと…いいんかな」
「うん。いいの」
「大事な話してたんじゃ…」
「うん、なんかつきあってって」
「え…ど、どうするん!?」
「どうしよう」
「どうしよって…」
「……」
思わず、口から出てしまった一言。

「嫌やったらやめとけば?」

「…!」
ハッと立ち止まり、少し考え込む彼女。
「……うん…そうする…断る」
「……ほな次の教室行こっか」
「うん♪」
お互い顔を見合わせて、ニッコリ。
何事も無かったかのように移動教室へ向かいます。
(↑ちょっとサイテー。)

…あれ?
今、何で私…ホッとしてるんでしょう!?

(5)へとつづく。

Secret

TrackBackURL
→http://keikei16.blog14.fc2.com/tb.php/155-12913ccf