FC2ブログ
2016.07.14 本日は。
皆さまおばんどす♪
今日はお料理教室&歯医者でした。
(お料理は茶碗蒸し&カレイの煮付け♪)
なので、ちょっとお休みです。

※ちなみにネットショップの結果…
振込み手数料を引かれて、
114冊分…【12,589円】
~振り込まれておりました♪\(^o^)/♪

多少値が張りそうなの、選別した甲斐がありました…( ̄人 ̄)アリガタヤ・・

ちなみに昔の漫画で、作者さんがマニアックすぎ、
または、寡作な方…などの理由で、
お宝になっている名作漫画…いくつか持っているのですが、
買取りのお値段見てビビリました…!

★小池一夫先生もファンでいらっしゃる、
幻の漫画家・内田善美さんの、
【星の時計のLiddell】全3巻
もし、初版のめっちゃ状態が良いものだったら、
9,000円(全3巻)!!
いまいちでも、
6,350円(全3巻)!

ゲロゲロ。

買取りでこのお値段…と言う事は~
実際の売値を見ると~
11,800円。(ネットショップより。)
ヤフオク・アマゾン、全て1万越え~。

ヒィ──(ノ)゚Д゚(ヽ)──!!


幻想的な古き良き時代のアメリカ文学~
哲学的な匂いすら漂わせる
摩訶不思議なお話でした。
少女漫画…というより、ハヤカワ文庫の外国小説を
読んでいるようでした。
『金木犀の薫りと共に幾度となく
私の夢に現れる、
あの少女とあの家は。。』

※同じ作者さんで、「草迷宮・草空間 」…こちらは
心を持った市松人形「ねこ」と、ねこを拾った大学生・草(そう)の
ほんわかしたやりとり、そして少し不思議な日々。
この作品、好きでした。
大島弓子さんの名作少女漫画「綿の国星」の、
チビ猫と時夫の関係に似ているな~…と。

【注:】
「草迷宮・草空間 」と大島弓子作品は現在持っておりません。
以前、お金に困って売ってしまいまひた…orz


他のお値打ち本についても、めっちゃ語りたいけど、
キリがないので、やはりこの辺で。
なので上記の本は、
私の大事な宝物だから、売りませ~ん♪(*^-')b

以上です♪(・∀・)d