FC2ブログ
皆さま、こんにちはです~m(o´・∀・`o)m
非常に興味深い話題だったので、昨日に引き続き、
お言葉に甘えて、(てか、甘えんなや~っ)
もう一つ、シアンさんのtwitterから引用させて頂きました♪

★Cyan1971@cyan1971 ・2月2日
①レズAVに必要な、女優さんの素養について考えている。
レズAVに出ている女優さんには、大別して2つのパターンがあると思う。
レズAVに出ること(レズAVのカラミをすること)が好きな女優さんと、
レズAVに出演することが出来る(NGではない)女優さんだ。
その違いが作品全体に影響する。


★Cyan1971@cyan1971 ・2月2日
②心のどこかで(おそらく無意識に)、自分以外の女性のことを妬んだり蔑んだり、
ハッキリ言えば「憎悪」している女優さん。そういう人が事情は様々あれど、
レズAVに出演してしまう(対応できてしまう)事も結構あるのではないか。
この出会いはユーザーから見ても不幸な物になってしまう。


★Cyan1971@cyan1971 ・2月2日
③キャスティングって本当に難しい。誰もが「向いている」仕事に就けるとは限らない。
特にレズAVはノンケの女優さんが臨むにはハードルの高い現場だとも思う。
だからこそ、女優さん同士がしっかりかみ合った作品を見ると、
一種の感動さえ生まれるのだろう。

@tkr0630_pg なるほど・・お互い受け身では進まんと・・・

★Cyan1971@cyan1971 ・ 2月2日
@tkr0630_pg
④そうですね。相手の女の子を可愛い、
愛でたい(っていう感覚かどうかは分かりませんが)と思っているかどうかで、
カラミの質が変わる気がするんです。


【ナンパものについて(ほんの一部抜粋)】
★Cyan1971@cyan1971 ・2月6日
@nannannantomo
①リプありがとうございます。シチュエーションや「画」も大切ですけど、
何より単なるカラミではなくて「熱のこもったセックス」が見られるとグッと来るんですよね。
ナンパ物だからこそ、制約はなるべく少ない方が良いと思います。


★Cyan1971@cyan1971 ・ 2月6日
@nannannantomo
②素人さんは、恋愛感情が前提のセックスしかしてきていないわけですから、
「愛おしさ」が無いと、もの凄く無味乾燥なカラミになっちゃうんですよね。
(男女)ナンパ物にありがちですけど。
ただ入れているだけで気持ちよくなさそうな感じ。あれは萎えます。


【Cyan1971 (cyan1971) on Twitter】
シアンさんのツイッターより。
(https://twitter.com/cyan1971)


~ナンパもののリアリティについての定義の色々は、
話が広がりすぎるので、ちょっと省略で(すみませんっ)
ここでは個人的に気になった、
レズプレイに必要なのものは…に絞ってまとめてみました♪(・∀・)d


【中編】に続く…。
★Cyan1971@cyan1971 ・1月10日
①ようやく結城みささん×春原未来ちゃんの『素顔』を見ることが出来た。
つらつら感想を書こうと思うが、興味ないフォロワーさんには長文、ご容赦願いたい。


★Cyan1971@cyan1971 ・1月10日
②まず、この作品を見て思ったのが、「性欲」とか「欲情」が感じられなかった、ということ。
二人とも裸になるし、カラミとしてもしっかりとした
(レズAVとしてはいささかソフトなのかもしれないが)ものになっているし、
エロいのはエロいんだけど、何か不思議な物を見てる気分だった。


★Cyan1971@cyan1971 ・1月10日
③こんなセックスがあるのか、と。もちろんAVは作り物。ドキュメント作品であっても、
作り物としての宿命からは逃れられない。でも、作り物以上の化学反応が起きていた。
真咲監督のレズドキュメントをいくつも見てきたけど、
その中にあっても特殊な立ち位置の作品になっている気がする。


★Cyan1971@cyan1971 ・1月10日
④では、性欲の無いセックスの起点になっているのは何なのか。
オレには「お互いのことを知りたい、確かめたい」「自分のことを知って欲しい」
という欲望が起点になっているように見えた。
本来、男女間のセックスでもこういう事があってしかるべきなんだと思う。
だけど、性欲とか支配欲に邪魔される。


★Cyan1971@cyan1971 ・1月10日
⑤セックスという肉体・身体を使ったコミュニケーションを通じて、お互いをわかり合う。
女性同士であるが故に、それがすんなりと「うまくいってしまった」。
特に春原未来ちゃんにとっては、全く新しい感覚だったのではないか。
そりゃ、こんなセックスをしてしまったら絶対忘れられないだろう。


★Cyan1971@cyan1971 ・1月10日
⑥春原未来ちゃんという女優さんは泣き虫だ。良く涙を流す。
男性ユーザーの中には女性の涙を苦手にしている人もいる。
だけどこの作品は、涙を流すに足る理由がしっかりとある。
AVにそんな物求めていない人もいるだろうけど、
オレには、その涙がとても美しく見えた。チ○コは反応していたが(^^;


★Cyan1971@cyan1971 ・1月10日
⑦そして、おそらくAV業界の人はこれから(いや、すでにか)痛感することになるだろうが、
結城みさという女優の存在がいかに大きかったのかということ。
感情を作り込んで現場に赴き、それをきっちり再現してみせる。
不測の感情の揺れが起きても、動揺すらも「画」にしてしまう強かさ。
本当に凄い。


★Cyan1971@cyan1971 ・1月10日
⑧こういうレズAVこそ、女性に見てもらいたいなぁ。
もしかすると、こんな体験が出来た未来ちゃんに嫉妬してしまうかもしれないけど。
そして、単なる快楽を求め合うセックスも良いけど、
心を求め合うセックスもあるんだということを、
若い女の子に知ってもらうきっかけにしてもらいたい。


★Cyan1971@cyan1971 ・1月10日
⑨長文、失礼しました。未見の方は『素顔』、是非見ていただきたい。
DVDを買うことにためらいがある人は、DMMからダウンロードも出来ますよ。
(オレはHD版をダウンロードしてiPadで見ました)


★Cyan1971@cyan1971 ・1月10日
⑩ありがたいことに、真咲監督と春原未来ちゃんにはフォローいただいているので、
駄文を目にしていただけるかと思うが、みささんにもこの感慨が届くと良いなぁ。


【真咲監督との会話】
★Cyan1971@cyan1971 ・1月10日
@nannannantomo
①男には理解しがたい境地なのかもしれないですけど、
もしかしたら、そこが理解できればもっと気持ちよくなれるのかもしれない。
監督が撮りながら濡れてしまうというのは、最高のことです。

★Cyan1971@cyan1971 ・1月10日
@nannannantomo
②この間のSMAP×SMAPで宝塚トップスターがズラッと勢揃いしていましたけど、
アレに憧れる女の子の気持ちは分かりました。
確かに男装こそしてないけど、みささんに通ずるものがありますね。


【Cyan1971 (cyan1971) on Twitter】
シアンさんのツイッターより。
(https://twitter.com/cyan1971)


レズ好き盟友・シアンさんに快く許可を戴き、僭越ですが、
マイブログにまとめさせて戴きました~!
ツイッターは会話するのには気軽でとっても便利なんですが、
情報の流れてしまうあまりの速さに、
あとで見返すのがほとんど不可能に近いので、
単純に私自身が貴重な記録として残したかっただけ~
~という♪(^o^;ゞ

※真咲監督との会話は、諸事情で残念ながら、
拝見できるのがシアンさんのツイッターのみなんですが(;^_^A
なんとなく会話が想像できて、
やっぱりエエことゆってはるので、
メモ代わりにコピペさせて戴きました♪

あんまり大きい声では言えませんが、
実は私も鑑賞しながら、真咲監督と同じ状態になってたかも…。
(心が濡れた…とは、心で濡れた…そういう意味でした♪)

みささん、けっこうネットとかチェックしてはるみたいやから、
シアンさんのツイート、きっと読んでくれてはると思います(*^m^*) ムフッ♪

シアンさん、誠にありがとうございました~m(o´・∀・`o)m
そしてありがとついでにシアンさんのツイート
も~いっちょ♪( ・ω・)ノ・*:・゚'☆♪
(※次の記事のカテゴリーは【レズプレイについて。】…になります♪)
【おまけのおまけ。】
ちなみに春原未来さんと結城みささん、
お二人のラブラブっぷりを見て、思い出した外国映画です♪(・∀・)d

★Bloomington (Official Trailer)


★『ブルーミントンの恋(原題:Bloomington)』2010/アメリカ
自立を求めて中西部の大学に進学した元・子役少女が、
女教師との恋を経て成長していく様を描いた青春ラブストーリー。

《レズビアン映画 まとめ(随時更新)より解説転載。》
http://matome.naver.jp/odai/2136189455522144801
(※管理人様、もし支障がありましたらお知らせ下さいませ~m(__)m)


「東京レズビアン&ゲイ映画祭」にて2011年に日本に紹介されたアメリカ映画です。
残念ながら、日本語版はありませんが、英語版は『Bloomington 』で
輸入版がAmazonあたりで取り扱っているみたいです。
(英語が判らないので…日本語版を…誰か~…!)

美しい女教師と女生徒の恋愛…この年齢差&設定…はぅ素敵…!!(ハァト)


~なんていいつつ、
真咲南朋監督さま…
監督という立場上、いろいろなしがらみが発生するとは思いますが、
ユーザーの声などは軽い参考程度、適度に取り入れるぐらいで、
あまり堅苦しく考えず、そんなのどこ吹く風で(ダ、ダメかな~…)
真咲監督が良いな~好きだな~…と思われる作品を、
これから先も現れるであろう素敵な女優さま方と~
(※結城みささんをレズ作品に迎えて下さった、
真咲監督の先見の明…素晴らしすぎっΣd=(*≧∀≦)Good job♪)
ジャンジャン作って戴けたら~
レズAV大好きユーザーの一人として、こんなにありがたい事はありません♪

それはレズAV制作に関わって下さる全ての監督さんにも同様だったりします♪
(だから何目線~!!…ただの視聴者です…)
真咲南朋監督、結城みささん&春原未来さん~
こちらの作品に関わって下さった、全ての皆様へ感謝とともに~
心に残る素敵な作品を、誠にありがとうございました~m(__)m

追伸:明るくライトなラブラブドキュメントもの&コメディドラマなども…
ちょびっと観てみたかったりして♪
絡みはしっかりのヤツで♪←ここ大事。
(↑レズAV資格検定試験に出ます!(●-`ω-)b♪←誰?)

是非ぜひよろしくお願い申し上げますぅ~m(o´・∀・`o)mペコリ
(…言うだけタダなヤツでホントすみません~(^o^;ゞ)


【レズ好き皆様へ業務連絡!】
あ、そう言えば春原未来さん、今年1月のサイン会で
今月2月にまたレズ作品に出ます♪
…っておっしゃってはりました~♪\(^o^)/♪ヤッター!!

以上デス♪(・∀・)d

では心優しき皆さま~
長々とご清聴、ありがとうございました~…!m(´_ _`)m ホナマタ~
【おまけ】
サイン会の時に、ダメモトでお願いしたら、快く書いて下さった、
春原未来さんが結城みささんへあてて書いて下さったメッセージです。

"Dear みさみさへ
沢山の人に愛されているみさみさ。
そんな方に愛してもらえて
嬉しいです。
私もOFF会的なのに参加したいなぁ。
幸あれー(ハァト)"


春原未来さん。。
人は自分の見たいようにしか人を見れないから、
その人の見た春原さんが、その人にとってはすべてで~
たとえそれが貴女が見せるほんの一瞬の顔であったとしても、
ありのままの、素顔のままで…
春原未来という一面を持つ女の子は、
この映像作品を通じて、
結城みさという一面を持つ女性同様、
もう充分、沢山の人に愛されているんじゃないんかな~。
現に私もすっかり春原マジックにハマってしまった
一人ですしおすし♪(・∀・)d
(す、好きになっても良かとですか!?)
(↑おぼっちゃまくん風にドゾ!(oゝД・)b♪←ネタが古い。)

追伸:春原未来さんのサイン&メッセージ入りブロマイド…
確かに結城みささんご本人に、ちゃんとお渡ししました♪
みささん、喜んではりました~♪゚.+:。(・∀・)b゚.+:。Good!!
春原さん、ホンマにありがとうございました~m(o´・∀・`o)m


『素顔』 ⑬へ続く…。

次でラスト~~!!ε=ε=─=≡Σ((( っ'∀')っブーン…!!
【個人的な総括】
AVはドキュメントたり得るのか…!?
賛否両論ありますが、
~ところどころで、確かに重いと言えば重い、
息が詰まりそうな、ドキドキな緊迫した場面も流れますが、
逆にそれがあったからこそ、
作品全体にメリハリ(起伏)ができて、
お二人の幸福な場面(シーン)も際立ったんじゃないかな~と。

春原未来さん、結城みささん
去るひとと、追うひと~
先に行く者から、後へ行く者へ…
それぞれの立ち位置を通して色んな感情が味わえて、
最後には優しい幸せな気分になれる…。
そんなレズAV作品があっても良いんじゃないのかな~…と
個人的には思いました。
確かにAV的には抜けない(濡れない)場面が
ちょっと多いけど~…♪~(-ε-。)y-~
(あっゆっちゃった!)

一般映像に近いAVドキュメント…というくくりで観たとき、
一人の女の子の(性を含めた)成長物語に、
すっごいドキドキして心が濡れました…。

女優さんの限りなく素顔に近いドキュメント…というくくりでは、
涙・涙で重苦しくなりそうなトコロを
最後の最後、ギリッギリのトコロでなりきれない、
カラッとした明るさが、
他の監督さんや、他のAVドキュメントものにはない、
真咲南朋(まさきなお)監督、独特の持ち味だな~…とも。

そして真咲南朋監督や結城みささんが作品を通じて
春原未来さんや観ている私たちユーザーに伝えたいこと~

人と人とのつながりって、
~時間の長さや、交わした身体と言葉の数~
目に見えるものだけがすべてじゃないんだよ。

画面越しにでも、しっかり伝わりました♪(oゝД・)b
(少なくとも私個人には♪)

私を含めた、各レビューは参考程度に、
言葉だけでは伝えられない、
このなんとも不思議で~
(南朋(なんとも)監督なだけにっ…って、すんませんっ!)
読後、爽やかな清涼感を、実際の本作品で
是非とも皆さまの心で感じとって下さいませ~\(_)


追伸:大好きだったミカショウ(三上翔子さん)監督・主演・撮影の
★『接吻旅行』
(2005年/ワープエンタテインメント)
※まだ清純派だった紅音ほたるさんとの、ほんわかした紀行レズAVの秀作デス♪
   &
★『舐め愛レズ 三上翔子・立花里子』
(2004年/ヒビノ/アキノリ監督←たぶん)
※知る人ぞ知る、伝説のミカショウ&リコピン・コンビのラブラブ旅行レズ♪

~なんだかまた観たくなったなあ~…。


『素顔』 ⑫へ続く…。

…あともうちょっと!(*゚▽゚)人(*゚Д゚*)ノ!!
【お別れの朝】
二人の本当のラスト、後朝(きぬぎぬ)の別れ。
昨日の大泣きはなんやったんや~~!!(`・д・´)ノ━━!!
…ってぐらい、
すっきりした春原さんのあどけない素顔(すっぴん)。

ありがとう。
じゃあお仕事行くね…!
…うん。
まだ寝ぼけまなこの春原未来さんに
軽くちゅっと挨拶してその場を離れる結城みささん。

なんか、さっぱりあっさりしてて良かったです。

そして駅での真咲監督とのお別れ。
「寂しいから走ってく!」
いきなしホンマに走って行っちゃう春原さん。
思わず笑っちゃう真咲監督。
一度も振り返ることのない、その自由さ、闊達さ~。

青春やなあ~…。

この作品を観たら、誰もが春原未来さんを
愛しく、いじらしく、抱きしめてあげたい…!!

(。・ω・。)ノ☆・゚:*:゚L□∨Ε

~なんて思っちゃうような…(*´д`*)Hoow・・


繊細な女の子(春原未来)の願望、不安、恐れ、憧れ…
かつては繊細な少女であった女性(結城みさ・真咲南朋)が
それぞれ大人になり、そこに過去の自分を見い出すように、
愛すべき少女を、二人でふんわり優しく包み込む…。

なんか冬場に外で食べるとちょ~美味しい、
あったかいあんまんみたいやわ~
(中身は甘いので~って、スンマセン!)
やだわ~私の理想の形やんか~…。

─=≡Σ((( っ'∀')っブーン…!!゚*。。*゚゚+。。+゚☆゚'・:*☆

(↑ちょっと遠いトコ行ってマス♪)

でもって意外と物怖じしない春原さんのおかげで、
~気の置けない仲良しの女優さんたちと一緒の、
少人数のアットホームなオフ会ではよく見かける~
少女のような悪戯っぽい微笑みの
気さくなお姉さんの顔のみささん。
私の大好きな、一番観たかった、
飾らない【結城みさ】さんがそこにいました。

春原未来さんの嬉しそうな、子供みたいな笑顔が観たくて、
結城みささんの包み込むような、柔らかな表情が観たくて
ついつい何度もリピートしてしまいます…!

私個人的には、この作品全てに、
【愛】&【萌え】
いっぱいつまっていました。

女優さん、それぞれの個性が溢れた、魅力的な作品でした。


真咲監督、グッジョブ!!(●-`ω-)b!!
(って、私、何様~~っっ)


こちら、私の中で勝手にエンディング・テーマ曲デス♪(・∀・)d
★Marie Digby || I think I'm in Love (w/ lyrics)

(携帯からご覧の皆さま、毎度観れなくてごめんなさいませ~)

マリエ・ディグビーさんの『I think I'm in Love』
歌詞の内容も作品のイメージにピッタリやわ~♪(*^m^*) ムフッ♪


『素顔』 ⑪へ続く…。

σ(o ̄∇ ̄o)アリ?
【ちょっと休憩。】
エピローグの前に。
ここでちょっと休憩です♪
どなたかのレビューで、女性監督さんがちょっと喋りすぎ~
みたいな事も書かれていたので、
そこらへんも注意して観てみると…。

※ちなみに私めの個人的なスタンスは~
"例え女性と言えども、女の子二人の世界を壊したらアカ~ン!(ノ)゚Д゚(ヽ)
それは全知全能の神様とて同じ~
誰にも二人の仲を引き裂く事はできないっす!!p(。≧Д≦。)q"
~と思っておりますタイプです♪( ̄∀ ̄)ノァィ
(↑けっこうこだわるヤツ。)
(※最初から二人以上~複数設定のドラマものだったら全然OKです♪)

そして結果…
AV…という観点から見ると、
甘い雰囲気を変えてしまう場面も確かにあったので、
視聴者にとって、ちょっとお邪魔虫…(わ~ごめんなさいっっ)
~なトコも正直、多少あったとは思います。

(絡みが盛り上がるトコでの、煽りの声かけとか~…我に返っちゃって…すみませ~ん)
(流れを区切るトコの声かけは、特に気になりませんでした…)

けれど、女優さんたちの素顔を~身も心もさらけ出す~
AV的なドキュメントとしてとらえたときに、
素顔の春原未来さん~
めまぐるしく感情が揺さぶられ、時に不安になりがちな
ひとりぼっちの小さな女の子のような春原さんに、
片時もそばを離れず、常に寄り添い、見守っている
慈愛に満ちた~二人の~女性の優しい視線がありました。

結城みささんに全身全霊で愛されながら、
真咲南朋さんの想いに心は優しく包まれる~
(敢えて監督では無く、一人の女性としての視線で…)

母性愛、父性愛、姉妹愛、人間愛…etc.
そこには、すべての愛の形の凝縮がありました。

春原さん…
なんて幸福な瞬間…!!

後に結城みささんともお話していたんですが、
「あれはみささん一人だけでも絶対撮れなかっただろうし、
真咲監督だけでも撮れない作品だったんじゃないでしょうか?
お二人がいたからこそ撮れた作品だと思いました」
「そう、そうなんだよね~!!」
良かったぁ~…みささんに同意して戴けて♪(*´Д`)

そして実は鑑賞前にも、たまたまオフ会で
みささんとお会いしちゃって、
「撮影中に、つい怒っちゃった♪」
「え~またなんでですか~!?」
「フフ♪」

゚+。(*゚Д゚*)。+゚

~なんてお話を軽くお聞きしておりました…。

「真咲監督に(AV的な)見せ方とか、一切気にしなくていいから、
本気でお願いしますって言われたの」
…そ~なんや~…(*゚o゚*)

信頼できるお二人に見守られていたから、
春原さんも安心して自分自身をさらけ出せたんだろうな~…と。
(逆に周りにたくさん人がいたら、緊張して自分を出せなかったかも~)


『素顔』 ⑩へ続く…。
【眺めの良いホテル(夜) ②】
思わぬハプニングに流れがいったんストップします。
結城みささんと真咲監督(声のみ)に
叱咤激励されて、真情を吐露する春原さん。
(具体的なやりとりは是非作品で…)

春原さん。。
突き刺すような鋭い快感は得られなくても
心はもうすでに満足していて~
これ以上の快楽を身体が欲していない…
だけどこれは撮影で~
演者として魅せなければいけない…というジレンマ。

色んな人の立場を考えすぎて、
一瞬、身動きが取れなくなっちゃう事…
なんだか判るような気がします。

それはもう性分としか言い様がなくて、
一度気になると、そこから意識を切り替えるのが
なかなか難しくて~…。

春原さんのもどかしい気持ちが、画面から伝わってきます。

こみ上げてくる切なさをぐっとこらえるみささん。
ふと、春原さんの首にみささんの手が廻され…。
徐々に加えられる苦痛に耐えながらも、
春原さんの表情は恍惚としていて。
それを見つめる、愛憐に満ちたみささんの表情。

好きな相手の首を絞める…
その行為だけ取り出して、言葉にすると、
あまり普通のことではありませんが、
その心情はとてもよくわかります。

好きな人の手にかかって死にたい。
時間(とき)を止めてしまいたい。
幸せが永遠に続くことを願う、
甘美で、切実な少女の願い。

自らの命の選択を相手に委ねて感じる、
無上の歓びは、一種の心中物…
『曽根崎心中』のお初と徳兵衛…
江戸時代の人形浄瑠璃(文楽)作家・近松門左衛門の
お芝居の一場面を魅せられているような~
一瞬、そんな気分になりました。

まさかここまで赤裸々な感情をさらけ出してくれるとは~


意識朦朧とする春原さん…
みささんにギュッ…と抱きしめられ~

「何も考えないで…」
再び、優しくク○ニ&手マンを施すみささん。

いきたい。
行きたい、逝きたい、生きたい…etc.
さっきまで様々な想いにとらわれ、
心は千々に乱れていた春原さん。

今は自分の快楽だけに神経を集中する…。
みささんに手を握られ、
何度も何度も汲み出される快感。
やがて全ての意識を研ぎ澄ませ…

二度目の感情の開放。。

声にならない言葉を吐き出す春原さん。
みささんに抱きしめられながら、
息を切らし、声を枯らした春原さんが
かろうじて搾り出した言葉…。

「ありがとう…」
「!」
キスで応えるみささん。

たくさん泣いたあとのセックスが心地良いのは
萎縮していた心が解れて
より感じやすくなるからでしょうか?

みささんの腕の中で、全てが終わった春原さんに~
「ありがとう…」
真咲監督になでなでされる春原さん。

ここでの三人の会話があったかくて、
春原さんのレズ(プレイ)に対する思いの変化も聞けて、
とっても秀逸です。

(春原さんのとある言葉が可愛くて、ちょっとワロテしもた~…。)
(春原さん…面白い人やわ~…。←て、すんませんっ!)

途中、ハプニング&荒療治もあって、
も~どうなる事かとハラハラしましたが、
何とかなって良かった…♪
(↑AVって事、すっかり忘れてる。)


『素顔』 ⑨へ続く…。
【散策デートから~眺めの良いホテル(夜)①】
ひとまず休憩タイムです。
これまでの感想&今後どうしたいのかを
個別にショート・インタビューの後、

お洒落なパーティドレスに着替えた、
春原未来さんと結城みささん。
髪をアップに、品良くメイクを施して、
夜の都会へと繰り出します。

小雨の降る中での、散策デート。
人目を気にせず、
春原さんからチューしてみたり、
残り少ない時間を惜しむかのように、
終始手を繋ぐ春原さんとみささん。

ホテルのルームサービスでの晩餐。
わずかな灯りの下、
ノーブルなメイクがいっそう映えます。
ここの場面…品があってすごく素敵です。

日常を離れた空間での、楽しい宴のあと、
ほろ酔い気分、まったりとした雰囲気で
白いソファーに腰掛ける二人。

逢えるのもこれが最後かもしれない
寂しいけどまた逢えて良かった…

みささんの腕の中で甘える春原さん。
お互いに見つめあい…
自然にキス。
やがてソファに倒れ、
みささんに深いキスの雨を降らせます。

もう視線はそらさず、
まっすぐにみささんを見つめる春原さん。

「私のこと忘れないでね…」
「絶対忘れない…」

目で語り、言葉を交わすと~
溢れそうになる想いを振り切るかように
積極的にみささんを攻める春原さん。

「痛い…?」
「痛いの好き…」

スイッチが入り、
どんどん貪欲になっていく二人の女。

お互いのドレスを脱がせあい
上になり下になり、愛し愛され~
抱き合いながらベッドへと移動します。

もう自分の中の欲望を隠さない春原さん。
みささんを攻める目の色が違います。
獲物を捕捉した毛並みの美しい年若い雌の虎…!

自分がして欲しいこと。
相手にしてあげたいこと。
みささんの全身を大胆に隈なく愛撫する春原さん。

それをどこまでも受け入れるみささん。
春原さんの、わりと遠慮の無い
予想外のねっとりとした攻めに
痙攣するまで何度もいかされちゃうみささん。

「私も中に(指)入れて欲しい…」
みささんに進んでおねだりする春原さん。

「入れて欲しいの」
「うん…」

お互いの体位を変えると
今度はみささんから春原さんへ~
ゆるやかな愛撫がしばらく続きます…。

…と、ここで思わぬ出来事が~。


『素顔』 ⑧へ続く…。
【眺めの良いホテル (2)】
激しい感情の嵐が去ったあとの
心地良いまどろみの中…
私もお返ししたい。。
おずおずと、みささんの胸を愛撫する春原さん。
無心におっぱいを吸う、その姿は…。
なんだか赤ちゃんとお母さんにも見えます。

「こういうとこも好きなの…」
上腕を甘噛み。
みささんの身体に春原さんの痕(あと)を残しながら~
「チューして…」
みささんに求められ、自然に応える春原さん。
しだいに激しく、深くなるキス…

春原さん、またまたお時間です…!

Σ(・ω・)ハッ!・゜・

まだ夢うつつ状態のお二人に~
せっかくだからシャワーの前に、
結城さんに××ってないおま○こ見せてもらいなよ…!
真咲監督御自らの、鶴の一声。

「いいの?」←めっちゃ嬉しそうな春原未来さん。
「やだー!」←めっちゃ嫌がってはる結城みささん。

しばし、まじまじとおま○こ観察中…。
そっと顔を近づけてみる春原さん。
「全然嫌じゃない…」
「不思議だね」

初めてちゃんと見た、自分以外の女性器への素直な感想を述べます。
本気で、素で恥ずかしがる結城みささん。
普段、映像ではなかなか見せないであろう、貴重なみささんの恥らうお姿…。
(萌え~~!!(〃▽〃)b ゚.+:。イィ!)

でもって、春原さん、舐めてもいい?
~なんて聞く前に、
すでにはじめちゃってはります!!Σ(゚ロ゚」)」 ェエッ!!

みささんの快楽ポイントを探しながら~
まったりした手探り状態で、全く嫌がらずに、
初めてのおま○こをしっかり舐めてはる春原さん。
スローなテンポで、じっくり丁寧に味わって…
この舐め方、けっこう好きかも~。

※これでもか~…のAV的なハードな高速ク○ニ…
個人的にはちょびっと苦手だったりして♪
だって快楽高じて、痛そうなんですもん~(;_;)/~~~

モザイクがあっても、充分に気持ち良さが伝わってくる
春原さんの気持ちのこもったねっとりしたク○ニ&指マンに~
(てか、躊躇なく指入れてる~Σ(゚▽゚ノ)ノ)
みささん、素でいかされちゃったみたいです♪

ちょっと春原さん…!
ホンマに女の人は、これが初めてなんでしょうか~!?
レズ(プレイ)すっごい向いてるのでは~(・∀・;) ビックリ!
だ、脱帽です… !!<(_ _)>

ここの一連のやりとり~なんか面白かったです。


『素顔』 ⑦へ続く…。