FC2ブログ
【ランチから~眺めの良いホテル (1)】
海を背景にまったりとしたランチのあと、
最初のシティホテルの一室へ。
大きい窓から一望できるパノラマの風景に
夢中になってはしゃぎながら外を眺める春原さん。
傍らのベッドで優しく見つめるみささん。

やがて窓際のリクライニングチェアで
じたばたする春原さんの隣へ…。
一緒に寝転んじゃいます。

またもやギュッっとみささんに抱きしめられて。
みささんの腕の中で
春原さん、安心しきった子供みたいです。

みささんを見上げる春原さん。
ふと目があい…
春原さんの、とびっきりの笑顔~

゚.+:。゚+。(*゚Д゚*)。+゚゚.+:。+゚

ちょっとこれはホンマに反則です!!
こんな顔されたら~
お相手のみささんじゃなくても
しんぼうたまりません…!!

春原さん…か、可愛いすぎる~…。

この表情が観れただけでも
ホンマに買って良かったぁ~…
なんて思っちゃいました♪

「怖くない?大丈夫?」
「うん。大丈夫」

恋人つなぎに指を絡ませながら、
笑顔で鼻をこすりあわせ
可愛いキスからだんだんと
大胆なキスへ…。

みささんに両手を取って起こされ、
照れながら、服を脱がされる春原さん

そしてベッドへ導かれ~
春原未来さんの身体を隅からすみまで~
ときに優しく丁寧に、ときに痛みを伴う強さで、
緩急つけた結城みささんのゆったりした愛撫を受け、
そのたび敏感に反応する春原さん。

「私だけ(裸で)恥ずかしい」
「脱がせて」

みささんに覆いかぶさって
上着を脱がせる春原さんに~

「攻めたいの?」
「なんかフェアじゃない気がして」

二人の会話の端々に
それぞれの思いが見え隠れします。

いい子でいなくてもいいの。
未来(みき)に伝わらなくても私、好きだよ。
全部愛してあげる…。

みささんの言葉に胸がいっぱいになり、
「いっぱい愛して…!」
視界が涙で曇りながらも、
はじめてみささんから目をそらさない春原さん。

女と女の、初めてのセックス…
どこが痛くないか優しく尋ねるみささんに、
素直に気持ち良いところを伝える春原さん。
まるでセラピスト(治療者)とクライエント(来談者)のように、
静謐で、粛々(しゅくしゅく)とその儀式は取り行われて~

時おり何かを堪えるような春原さんの切ない表情…。
エッチってこんなに切なかったっけ…?
そう思えてしまうほど、
お二人のやりとりには観ていて、
えも言われぬ不可思議な気分がつきまとっていました。

しだいに熱にうなされて、うわ言のように呟き
後からあとから汲み出されるオーガズムの波に
表情を歪める春原さん。
難産の末~新しい自分を産み出すかのような…

最初の感情の開放。。

~安らいだ表情の春原さん。
低空飛行の状態を持続したまま、
いつまでもそこに漂っていたい感じ…でしょうか。


『素顔』 ⑥へ続く…。
2014.01.31 おま。
~んこ♪\(^o^)/♪

じゃないっ!

皆さま、ご無沙汰しております…。
お待たせして大変申し訳ありません~m(o´・ω・`o)m ペコリ
~と言いつつ、待ってる方がいるのか判りませんが(^o^;ゞ
遅くなりました~!( 」´0`)」

では、ちょっとずつの小出しですが~(;^_^A
次からドゾ♪\(_)
(※ちなみに、おまたせの“おま”デス♪(・∀・)d←サイテー。)