FC2ブログ
それから、よく相談に乗ってもらっている友達に電話をかけました。
「それは親が過保護だね」
やっぱりそうなのか…。
「子供も脆いんだね。本人がしっかりしてれば、普通そうはならないよ。
 …でも何とかしなきゃね」
このクールな友達は、彼女と直接の知り合いでは無いのに、
けっこう親身に相談に乗ってくれました。
他の人には誰も頼れません。
~と言うより、誰も私と同じ立場にいないので、友人たちも
傍観者にならざるを得なかったのだと思います。
この世話焼きな友達がいなければ、私はこれ以上どうすればいいのか判らず、
気が狂いそうになっていたかもしれません。
(少々大げさな表現ですが…その時は、他が見えずに必死でした)

そんな経緯から、三ヶ月後の八月。
私は急遽、友人の代理でディズニーランドのツアーへ行く事になりました。
宿泊していた千葉のホテルから彼女に電話をかけてみます。
千葉からかけている…と知ると驚いた様子でした。
「行ったらあかん?」
「ダメ、来ないで!」
…う~話にならない。
仕方無く「判った」…と一応は納得した振りをして、電話を切りました。
断られても行くつもりでした。

(24)へとつづく。

東京での再会から、ちょうど一年後。
あれから手紙以外、何の連絡もしていなかったけど、
今年もあの娘の家を訪ねて行ったらダメやろうか…?
思いきって彼女の家に電話をしてみました。
「遊びに行ったらあかん?」
「…ダメ、来ないで」
このセリフの一点張り。
「もう、あんたじゃ話にならへん!お母さん、出してよ」
「…いいけど、私がダメって言ったら、きっとお母さんもダメって言うよ」
「いいから、かわって!」
「…」
渋る彼女に、無理やりお母さんと電話をかわってもらうと…
「もしもし、~ミキがそう言うのなら…」
「!」

その後のことは、あまり覚えていません。
下手に逆らうと何をしでかすか判らないため、母親は彼女のいいなりで、
腫れ物に触るような態度をとっていました。
親が子供に遠慮してどーすんの!?
私はとても興奮してしまい、彼女の母親に食ってかかりました。
「じゃあ、ほっておいてもいいんですか!?」
「ええ、ですから、もう少し様子を見て・・」
様子を見るって、一年も二年も見るってこと!?
信じられへん…!!
涙があとからあとから溢れてきました。
どうにも出来ないもどかしさと、情けなさで頭が一杯になり、
彼女の母親の言葉も耳に入りません。
これ以上、彼女の母親と話をしたくなかった私は、
「すみません、切ってもいいですか?またお電話します」
そう言って、自分から電話を切りました。
そして家族に聞かれないように、一人、嗚咽しました。

(23)へとつづく。
やっぱり後でとても後悔する事になりました。

それが十代最後の初夏の頃のことでした。
以降、彼女に電話をかけたりもしました。
「ちょっと私の話聞いてるん~?」
「…うん…今ね、目の前のパチンコの広告がね…」
「つか、パチンコの広告なんてどーでもいいーっっ!!」
私の話を聞いているのか、いないのか、
彼女はいつもうわの空でした。
これはあかん、電話代がもったいないわ~…。
それからは、ひたすら手紙を書いては出すことにしました。
お陰で、私はすっかり筆まめな人間になってしまいました。

彼女からの返事は全くありませんでした。
最初のうちこそ、
「なー、お母ちゃん、私になんか手紙届いてなかった?」
毎日、毎日ポストを覗いては、彼女からの手紙を待っていましたが、
さすがに一年もその状態が続くと、
もう、来ないかもしれへんなぁ~…と思うようになっていました。
いいや。返事が来なくても出し続けよう!
そう決めました。
ちょっとやそっとじゃ懲りないヤツでした。

友達のこと、日常の出来事、今一番気に入ってるもの…etc.
ありとあらゆる事柄について、自分が感じたことを包み隠さず書きました。
2・3ヶ月分を貯めて、一気に出す為、枚数がとても多くなってしまい、
「ケイ~、出すんやったら、もうちょっと小出しにしたら?」
~などと、友達に呆れ顔で言われてしまいました…(^-^;)

(22)へとつづく。