FC2ブログ
刑事部屋でディスカッション。
関口に関わる人間の中で、ゆいは依然として重要参考人のままであった。
事件当日9月3日、ゆいが現場の203号室にいた証拠が必要になるとの
結論が出る。
刑事は現場百遍。足げく通うと何か証拠が見つかるかもしれない。
ビジネスホテルへ向かう態勢の能登と白川へ、他の刑事が声をかける。
「頼まれていたアコニチン関連の未解決事件の資料、ここに置いておきます」
能登が軽く目を通すと、ここ1~2年で何件かの未解決事件が。
「皆、この近辺ですよね・・」
白川が気づく。
一年前の夏。男子大学生のサークル内での死亡事件。
「…」
ゆいと同じ大学の学生である事に能登は引っかかりを覚える。

   × × ×

関口が死亡した日から幾日も経っていた。
事件のあったビジネスホテルの現場はすっかり元の日常に戻っていた。
しかし、誰も気味悪がって使いたがらず、203号室は空室のままだった。
現場を何度も隈なく調べる能登と白川。
いい加減諦め気味の白川に、辛抱強く粘る能登。
だが、何も出て来ない。

年配の清掃の女性を呼び止め、ゆいの写真を見せる。
清掃の女性はいつも違う男を連れ、このホテルに泊まるゆいを覚えていた。
9月3日、事件のあった当日、203号室近くの205号室にゆいが泊まっていた事が判る。
「他におかしな事はありませんでしたか?」
「そう言えば…その写真の人とは違う女の子が部屋から出て来ました」
ゆいの泊まる205号室から一人の若い女が出て行ったのを見たと言う。
ゆいでは無い、新たな女の存在。。。

   × × ×

後編へとつづく…。
(こちらは完結しています…)
続き、少々お待ちを~\(_)
(て、需要があるのか…!?)

ちょっと授業へ行って参ります~m(__)m

某私立大学。
「また?」
ゆいの通う大学にまで押し掛ける能登刑事。
クラブで会った時とは、また雰囲気の違うゆいに少し戸惑う能登。
「9月3日、君はビジネスホテルにいたね?フロントで確認済みだ」
「そうだっけ?行ったかも。ホテルはしょっちゅう使うから」
あっさり認めるゆい。
「君みたいな娘がなんであんな所で働いてるんだ?」
「悪い?ただのバイトじゃん」
「…」
高校生の、同じような年頃の娘を持つ能登には理解しがたかった。
「疑ってる?仮に私だとして何のために?」
「また来るよ」
質問には答えず立ち去る能登。
「もう来なくていいから…」
つぶやくゆい。

「ゆいちゃん、さっきの人誰?」
ゼミが終わったりながゆいに声をかける。
「クラブでナンパしてきたオジサン。アイツしつこくて。
こんなトコまで来たから、追い返した」
「ふ~ん・・」
小さくなる能登の後ろ姿をりなはじっと見つめる。
「それよりりな、あのクセやめた方がいいよ…私は好きじゃない」
「どうして?一回も二回も一緒じゃない?」
「…」
無邪気に微笑むりなを黙って見つめるゆい。

クラブ・JeWeL(ジュエル)。
能登は部下の白川とペアで潜入する。
40代の能登は浮いている。
ひと際目立つ二人の女。
りなを連れているゆいの姿。
能登は、ゆいの写真と見比べ、確認する。
「あれが松野ゆいか…」
ゆいと接触を試みる能登と白川。
「この男を知ってるよね?」
警察手帳と関口亨の写真を同時にゆいに見せる能登。
「…」
何、このオヤジ…。ゆいは嫌悪感を露わにしつつも、
関口の写真を見る。
「…関口さんでしょ?たまに遊ぶけど」
「9月3日、君はどこにいた?」
「覚えてない」
「思い出してくれないかな」
「なんで?彼が死んだから?」
「…!」
関口が亡くなった事実を知るゆいに、能登は一瞬反応する。
「ニュースで観たの」
事も無げに口にするゆい。
「…」
これ以上ゆいから反応を引き出せないため、出直す能登と白川。
能登はビジネスホテルへ裏を取りに向かう。

   × × ×

ビジネスホテル。フロントでゆいの写真を見せる能登。
「9月3日に、この女性が来ていませんでしたか?」
「わかりませんね。似たようなお客様は沢山いらっしゃいますので」
能登は、ホテルの防犯カメラをチェックする。
関口は判明したものの、一緒にいる女の顔が目深な帽子でハッキリと見えない。
当日の清掃担当者の一人に確認するが、やはり判らない。
能登は出直す。

杉並区・高円寺は昔からの地元商店街に、若者向けの古着屋・ライブハウスが立ち並び、
それが違和感のない不思議な空間であった。
古いものと新しいものが混ざり合う街。
二階建てのアパートの一室。
二階の窓から顔を覗かせるりな。
視線の先には神社の社(やしろ)が見える。
隣の和菓子屋からは饅頭(まんじゅう)の蒸しあがる匂いが立ちのぼる。
「ゆいちゃん、起きなよ」
ベッドで寝ているゆいの鼻先に饅頭を近づけるりな。
「!」
匂いで目を覚ますゆい。
饅頭をパクッとくわえると、寝ぼけ眼(まなこ)で
後ろからりなに抱きつく。
「ん~りなっち、愛してるぉ~…」
「やだ~、ゆいちゃん、寝ぼけないでぇ~」
楽しそうにじゃれるゆいとりな。

   × × ×

風俗店・姫じょぉん。
被害者・関口亨が利用していた風俗店。
能登と白川が店長に尋ねる。
「この写真の男に見覚えは?」
「・・うちの店によく来ていた常連さんかもしれません」
「関口が指名していたのは?」
店長から何人か複数の女の子の名前があがる。
絞っていくと関口のお気に入りでよく指名されていた
女…ゆいの存在が浮上する。
だが、今日はゆいの出勤日では無い。
能登は店の女の子からゆいの遊び場のクラブを紹介される。

クラブ・JeWeL(ジュエル)。
ブラック・ミュージック系の音楽が流れている。
フロアではグルーブに乗り体をゆらす、
B系ファッションの若い男や女たち。
ゆいの周りに群がる女の子たち。
「ゆい、踊んないの?」
「今日はやめとく」
「何で?盛り上がんないよ!皆、ゆいのダンスが観たくて来てるのに!」
昨日の出来事で気分が出ないゆい。
「ゆいちゃん、踊ろうよ!」
アイドル系の顔立ちの姫川りな(19)が声を掛ける。
「…!」
考えに捉(とら)われていたゆい、ハッとする。
無邪気なりなの笑顔に苦笑するゆい。
りなはクラブのマスコット。
妹の様に可愛がるりなに誘われると断れない。
何かを振り切る様に、ゆいはフロアへ…。

切れの良い迫力あるゆいのダンスパフォーマンス。
息を飲む周りのパフォーマーたち。
「やっぱゆいはすげぇや…」
フロアの中心で、一人、情熱的に踊るゆい。
男も女もゆいのダンスに魅了される。
憧れの眼差しでゆいを観るりな。

 × × × 

刑事部屋。
被害者の身元と名前が判明する。
広告代理店勤務、関口亨(とおる)(32)。
検証の結果…死因は急性心不全による自然死と思われていた。
だが現場で発見されたピルケースの中のカプセルを鑑識に
出したところ、微量だがアコニチン反応が出る。
そこで念のため、遺体を解剖にまわした結果、
体内からアコニチン反応が検出される。
よってアコニチンによる中毒死と判明。
「またアコニチンか…」
他の刑事の話によると、これまでにアコニチンが検出された
複数の未解決事件があったらしい。
自殺か?他殺か?
気になった能登は、それら未解決事件に関する資料を揃えて
もらうよう、その刑事に依頼する。
当時、ホテルに一緒に入った女性がいたらしい情報も報告される。
そして被害者の身辺を洗うと吉原の風俗店を頻繁に利用していた事が判明。
能登は白川と組み、聞き込み捜査を開始する。

【登場人物】
松野ゆい(21)…大学生。
能登優(すぐる)(43)…東高円寺署・警部補。
姫川りな(19)…大学生。ゆいの幼なじみ。
白川祐一郎(27)…東高円寺署・巡査部長。能登の部下。
関口亨(とおる)(32)…広告代理店勤務。


~序章~
薄暗い霧の中、一羽の青い蝶が舞う。
高原一帯に咲き乱れる薄紫の野草花。
どこからかもう一羽の蝶が。
二羽は戯れ、薄紫の一輪にとまる。

   × × ×

繁華街のビジネスホテルの一室。
ベッドに脱ぎ散らかされた衣服。
シャワーを浴びる全裸の松野ゆい(21)。
長い黒髪が身体にまといつき、妖艶な雰囲気を醸し出す。
背中には蚯蚓腫(みみずば)れがうっすら残る、
無数の小さな瑕(きず)。
左胸には台形を縦にした模様の刺青が。
ゆいの傍(かたわ)らには全裸の男の死体が転がる。
ゆいは無言で男を見下ろしている・・・。

   × × ×

ビジネスホテル203号室。
東高円寺署・刑事課・犯罪捜査班、能登優(すぐる)警部補(43)は、
白川祐一郎巡査部長(27)を引き連れ、現場検証を行なう。
バスルームに横たわる全裸の男性の遺体。
4、5人の鑑識課の人間が現場写真を撮り、隈(くま)なく手がかりを
探している。
部屋に戻る能登。足で何かを蹴る。
「…」
拾い上げると小さなピルケース。
中を開けると数個のカプセル。
能登、内容物を調べるよう、鑑識の人間にピルケースを渡す。

りなっち(姫川りなさん)のブログがなくなってる~…(´;ω;`)
もうホントにこれでお別れなのネ…。
去り際も見事で最後まで美しかったなぁ~…。

私、ホントにりなっちと松野ゆい様との姫松コンビが大好きでした。

お二人にこんな作品に出て戴けたらなぁ~…。
もっと共演してくれないかなぁ~…。
…などといろ~んな妄想を膨らませておりました~( ̄∀ ̄*)ゞ

お二人のキャラクター…
お借りするんだったら現在(いま)しかない…!!

シナリオではありません。
シノプシス…シナリオになる前の大まかなあらすじです。
約二年前、友人とディスカッションして(勝手に)作った合作です。
他のお友達の意見も参考にさせて戴きました♪
りなっち&ゆい様…実際のお二人とは何の関係も無い、
あくまでも私個人の妄想(フィクション)です。

お二人がお気を悪くされなければいいんですけど…。
(こちらを見ていらっしゃるかどうかはともかくっ)

私の中のお二人はこんなイメージでした(・∀・)d
もしよろしければ~…心優しき皆さまにも読んで戴けたら~。
(ツッコミドコロ満載ですが…)
興味無い方はスルーでっっ(/--)/
(制服レズビアンの後編ゎ~(-∀-ノ)ノ……以下略)


姫川りなっち&松野ゆい様は永遠に不滅でっす!!
(どっかで聞いたセリフやわぁ~( ̄∀ ̄*))

では次からどうぞ~\(_)